電子計測器についての情報がいっぱい!

当サイトでは電子計測器に関して様々な情報を発信します。
まずはその計測器を利用するに当って最も大切な要素であるの測定方法について紹介です。
その後、気になるシステムの仕組みについても徹底解剖します。
そして、計測器と信号発生器との違いと言った点に関しても深く掘り下げて探求、計測器の選び方を述べた後、最後に安全試験に関する情報も説明していきます。
以上を読めば、計測器を効率的かつ効果的に使用することが可能です。

電子計測器の測定方法

電子計測器の測定方法 近年は様々な電子計測器があり、多くの人が利用しています。
ここではそんな電子計測器の測定方法について紹介します。
まずデジタルマルチメータは変化しない直流電圧や電流の測定、または振幅・周波数が変化しない交流電圧・電流の計測をできるだけ正確に行います。
また、周波数カウンタ装置は電圧や電流と同じように変化しない周波数を正確に計測します。
デジタルオシロスコープは周波数が変動する場合に利用されます。
非常に多くの電子計測器があるため、どれを使えば良いのか、またどの計測器を組み合わして使えば良いのか、など悩むことも多くありますが、測定方法の対象となる性質を見極めた上で、最適なものを選ぶことがポイントとなります。

電子計測器の役割やそれぞれの装置の特徴について

電子計測器の役割やそれぞれの装置の特徴について 電子計測器は電圧・波形・電流・抵抗値・コンデンサなどの容量・周波数などを計測するための装置の総称です。
電圧や電流を測定するときに使う電子計測器にはテスターがありますが、テスターにはアナログ方式とデジタル方式の2種類があります。
ただし、現代ではアナログ方式の電子計測器は姿を消しつつあり、デジタル方式が主流です。
オシロスコープなどもブラウン管を使ったアナログ式からデジタル信号を処理するデジタルオシロスコープが登場しており、デジタル化が実現したことでパソコンに接続して波形の測定ができるPC接続型なども登場しています。
PC接続型は、本体とパソコンをUSBなどのケーブルを使って接続、測定は本体のオシロスコープで行い、画面表示はパソコンで行うといったスタイルです。
この場合、本体からディスプレイ部を取り除くことができるのでコンパクト化を図ることができる、パソコンに専用のソフトウェアをインストールしておけば測定データでもある波形の画像や周期や電圧が変化する波形の動画なども保存ができるメリットを持ちます。
なお、電子計測器はどのような測定をするのかで使用する装置の種類が変わるのが特徴ですが、オシロスコープは電圧や波形に加えて周波数などの測定も可能です。

もっと電子計測器の情報を探すなら

ファンクションジェネレータ