上手な選び方を理解しよう

上手な選び方を理解しよう

上手な選び方を理解しよう 電気信号を計測する電子計測器は今や様々な分野で活躍しているアイテムとなっており、多くの場所でその導入が進められています。こうした状況から電子計測器を販売する会社も数多く活動してきているところです。そんな電子計測器を販売している会社の選び方としてまず挙げられるのが、品揃えが豊富であるかどうか、という点です。
一口に電子計測器と言っても、オシロスコープや記録計など、実に多くの種類があります。そうした多くの種類がある製品を幅広く取り扱っているかどうかは重要なポイントとなります。また、製品を販売したらそれで終わりでは無く、販売後も的確にフォローしているかどうか、といった点も重要なチェックポイントです。
購入後、万が一不具合が発生した場合には、迅速かつ的確に対処してくれるか、また、定期的にメンテナンスをしてくれるか、といった点は末永く利用していく上ではとても大切な要素となりますので、しっかりチェックしておく必要があります。

オシロスコープは波形を見ることができる電子計測器です

オシロスコープは波形を見ることができる電子計測器です 電子計測器と聞いた時、デジタルテスターを思い浮かべる人も多いかと思われますが、デジタルテスターなどの電子計測機器は、電圧もしくは電流を測定することはできますが、測定点ではどのような信号が出力もしくは入力されているのかを把握することができません。
例えば、発信回路は正弦波などの波形で回路が構成されており、マイコンなどに使われている水晶振動子も発信回路の一つです。マイコンの水晶振動子はコンピューターを動作させるための基準となる発信回路で、この回路が正常に働いているのか否かはオシロスコープを使わないと判断ができません。
ただし、オシロスコープは波形を観測するだけでなく、電圧や時間などの情報も得ることができる電子計測器です。画面に表示した波形は、縦方向が電圧で横方向が時間になります。画面上に目盛りがあるのでその目盛りを読み取り、現在の電圧および時間のレンジを掛け合わせることでそれぞれの数値を知ることができます。