電子計測器の性能が向上

電子計測器の性能が向上

電子計測器の性能が向上 電子計測器とは電流や電圧や電力などの電気的な諸量をはかる測定器で、圧力や距離や温度など電気的量以外の物理量を電気を応用して計測する機器も含みます。
電子回路技術者にとって日々使うオシロスコープ、部品のパラメーターを高精度に測定する回路素子測定器、ミリボルトオーダの低周波信号を測るミリバル、正弦波信号を被測定物に与えてその周波数応答を求める周波数特性分析器などが電子計測器です。
1940年代はオシロスコープをはじめ測定器の表示を見ながら作業者が適正値に調整するアナログタイプが主流でしたが、1970年代頃からデジタル電子計測器の発明で調整工程が自動化されはじめます。
1980年代からは高速アナログデジタル変換器が登場し、電荷結合素子と光センサーを一体にした画像センサーがカメラなどで利用され、信号を高速に記録できるようになりました。
スピーディーなデジタル画像処理機能の搭載で、現在はとても視認性の高いオシロスコープも販売されています。

アナログ電子計測器についての説明をします

アナログ電子計測器についての説明をします 新エネルギー、電力産業、科学研究、専門のアフターサービスセンターで広く使用されています。

電子計測器は、最先端の研究開発や生産に不可欠なツールです。
精密アナログ制御技術をベースとした高性能電子計測器は、常に新しい時代が要求する高度な計測ソリューションを提供し続けています。

信号発生器、オシロスコープ、マルチメータなど様々な機器で活躍しています。

具体的には温度、ひずみ、加速度、電圧、を計るものです。
温度や圧力、流量などの各種センサから出力される信号は連続的な値です。
そのため研究開発・生産現場を問わず、アナログ電子計測器の記録は欠かせないものになっています。

自動車業界では車載試験時のデータ収集に金造樹脂業界では引張試験の変位量計測に、電子デバイス業界ではリチウムイオン電池の評価をしています。
食品業界では殺菌後のボトル温度計測です。
金属鉄鋼業界では押出成形機のマルチデータ収集、金属自動車業界では加工機の工具振れ・振動データ収集の計測と、幅広く活躍されています。