電子計測器についての情報がいっぱい!

電子計測器のシステムの仕組み

電子計測器のシステムの仕組み 電子計測器のシステムとは、どうなっているのかというと、今では使用するスマートデバイスの数は大幅に増えています。
アナログ/センサーICの役割りは、スマート社会だけではなく、他の分野でもとても重要となってきています。
これらのデバイスには、今まで以上により高いパフォーマンスやより厳密な精度、長い信頼性が必要です。
この課題に対処するには、とても低いテストコストを維持しつつ、測定システムに多くの機能を持たせることが必要です。
その上、電子計測器のテストプログラムの開発を担当するエンジニアは、凄く優れたコーティングスキルやテストの詳細な操作知識が要るでしょう。
新しい高度に統合された測定方法であるEVA100という商品は、電源やSMU、パターンジェネレーターや任意波形ジェネレーター、デジタイザや完全なアナログ、混合信号やセンサー、デジタルICデバイスやモジュールに必要なオシロスコープをサポートしているでしょう。

電子計測器と信号発生器の違い

電子計測器と信号発生器の違い 電子計測器とは電気の測定を行うための計器です。
電気標準器や指示電気計器など様々な種類がありますが、最も代表的な電子計測器としてはオシロスコープがあります。
時間の経過とともに電気信号が変化していく様子をリアルタイムでブラウン管に表示させ、目では見えない電気信号の変化の様子を測定できる波形計測器で、多くの分野で活躍が見られています。
一方、信号発生器とは標準器により校正された周波数・電力・変調の電気信号を出力する計器です。
シグナル・ジェネレータとかテスト・オッシレータなどとも呼ばれています。
こちらは主に、無線機や受信機の試験用信号源として使用され、スペクトラムアナライザと並んで無線関係の業務をする場合によく使用されます。
電子計測器と異なるのは、電子計測器の多くはそれ単独で使用することができるのに対し、信号発生器の多くは単独で使用することはなく、多くの場合は他の計器類と組み合わして使用する点です。